マッチングアプリ・婚活アプリの危険な人物【特徴・対処方法】

恋活、婚活

 

マッチングアプリや恋活婚活サイトを利用していると「この人、なんか怪しくない?」と思う人に出会うこともあるかもしれません。

安心して恋活・婚活を行うためにも、要注意人物は事前に把握しておきたいところです。

この記事ではマッチングアプリや婚活サイトに実際にいた要注意人物や怪しい人物の特徴をご紹介します。

婚活中に騙されたり、嫌な気分にならないためにも、ぜひ最後までご一読ください。

マッチングアプリ、恋活・婚活アプリで注意したい危険な人物

アプリで注意したい危険人物には以下のような人たちがいます。

  • ネットワークビジネスや投資、マルチ商法などへの勧誘
  • 別のマッチングアプリや出会い系への勧誘
  • 既婚者
  • ヤリモク、遊び目的で利用
  • LINEやメールアドレスなどの個人情報収集
  • 結婚詐欺師・金銭詐欺
  • デート商法・ぼったくり
  • 美人局(つつもたせ)詐欺
  • 嘘の年収やプロフィール詐称のトラブル
  • 写真詐欺(詐欺写メ)
  • ネカマ・偽物なりすまし・釣り垢
  • メンヘラ・地雷と呼ばれている男女

順に解説していきます。

ネットワークビジネスや投資、マルチ商法などへの勧誘

相手からネットワークビジネスや投資などの勧誘をされた場合、相手にせずにスグに席を立つべきです。

例としてはアムウェイなどのネットワークビジネスやマルチ商法、投資への勧誘です。

FXやバイナリーオプション、仮想通貨取引なども含まれます。

「稼げる」とか「自由に生きられる」などと言って興味を引こうとしてきますが、出会いを求めている場所でお金の話をしている時点で不自然です。

相手の目的はお金であって、真剣な出会いは求めていません。投資詐欺やネットワークビジネスに勧誘して手数料を取ることを目的としている可能性があります。

どのような理由であっても出会いを目的としたアプリで勧誘をしてくるのは怪しい行為です。
この他の勧誘としては宗教や風俗関係などがありますが、恋愛とは関係のない話ばかりするので、やりとりの内容でだいたい見抜くことができます。

少しでも勧誘を受けたら、その場からスグに立ち去ってください。

 

他のマッチングアプリや出会い系への勧誘

メッセージでやりとりをしている際に、相手が別のマッチングアプリや出会い系サイトなどへ誘導しようとしたら要注意です。

「このサイトは重いとか、もっといいアプリがあるので、こっちでやりとりしませんか?」などと理由をつけてURLを送りつけてきて、別のアプリやサイトへ誘導してくることがあります。

相手から送られてきたURLは絶対に開かないようにしましょう。

高額な出会い系サイトや有料サイト、フィッシング詐欺などのトラブルにあう可能性があります。

既婚者

マッチングアプリは基本的に既婚者NGなのですが、不倫目的の既婚者や離婚間近で別居中の既婚者などに遭遇することが稀にあります。

対策するためにも、ぜひ特徴を知っておきましょう。

既婚者は運営に通報すればすぐに強制退会となりますが、見分け方は知っておく必要があります。

既婚者の特徴としては、

結婚歴・子供の有無が空欄
結婚に対する意思が空欄、または「すぐにでもしたい」以外
顔がわかる写真を掲載していない
平日しか連絡できない
夜・土日・休日に連絡が取りづらい・会えない
誘い・LINE交換を早くしようとしてくる
最初から物理的な距離が近い

など、結婚や子供に関することが空欄なことが多いです。

また、メッセージのやりとりをしても、プライベートなことを避けたり、ごまかそうとする場合は疑ってかかった方がいいです。

こういったことを避けたい場合、ユーブライドなどの独身証明書の提出などの機能があるアプリを利用すれば、既婚者に騙される心配はなくなります。

ヤリモク、遊び目的で利用

体目的や遊び感覚でマッチングアプリを利用するヤリモクの男性など、悪質なユーザーは、どのアプリにも存在します。

遊び目的の不届きものは、恋人がいないようにふるまいます。

そのためプロフィールやメッセージで相手が遊び目的かどうか見分けるのはなかなか難しいことが多いです。

しかし、相手が遊び目的かどうかを正確に見抜くのは難しいですが、相手が真剣に婚活をしているのかをチェックしてみてください。

  • プロフィールが充実しているか
  • 相手に結婚願望があるかを確認する
  • 自分に興味を持ってくれているか意識する
  • すぐに会いたがったり、素振りに不審な点がないかをチェックする

あからさまに外見にしか興味がないようだったり、夜遅い時間を指定して会いたがったり、自分に全く質問をしてこないような相手は、真剣な婚活をしているとは言えません。

誠実に自分に接してくれる相手を選んで、怪しいようであればブロックしてしまう方法もあります。

LINEやメールアドレスなどの個人情報収集

アプリのメッセージで仲良くなったらLINEなどを交換するのはよくある流れです。

しかし、マッチングしてすぐにLINEの交換を迫ってくる相手は要注意です。

ただし、LINEや電話番号、メールアドレスなどの個人情報を収集することを目的としている悪質なユーザーもいるからです。

LINEを乗っ取られるなど悪用されることも考えられるので、むやみに個人情報を教えることはオススメできません。

仲を深めて相手のことをよく知ってからにしたり、実際に会うまではLINEの交換はしない方がいいですね。

 

結婚詐欺師・金銭詐欺

結婚詐欺師は、遊び目的の悪質ユーザーよりもさらに慎重で巧妙な手口を使って騙そうとしてきます。

また、金銭目的でお金を貸して欲しいなどと言ってくる場合もあるので、男性・女性ともに注意が必要です。

特に次のような相手がアプローチをしてきた場合は慎重になってください。

  • 自分には釣り合わないほど相手のルックスが良い
  • 相手に若さ、財産、職業などが魅力があるプロフィールを設定している
  • 結婚に前向きな姿勢を見せてくる
  • 遠回しにお金を要求してくる

彼らの特徴は、魅力的な外見や財力であなたの興味をひき、結婚や交際をダシにして金銭を要求してきます。

「家族が病気で手術が必要」「事業を立て直すためにお金に困っている」「奨学金の返済が残っている」など、それらしい理由をつけて、あなたの良心に訴えてきます。

魅力的すぎる相手がアプローチしてきたり、お金を要求してくる場合は詐欺である可能性があるので注意が必要です。

少しでも違和感を感じたら信頼できる友人など第三者に相談してください。

デート商法・ぼったくり

デート商法とはデートを口実に誘い出して高額商品などを契約させる詐欺のことです。

また、デートに誘いだしたあとに仲間のバーに連れて行って高額な飲食代を請求するぼったくり詐欺などもあります。

どれも恋愛感情につけ込んだもので、安全な運営をされているアプリで遭遇することは滅多にないですが、お金の話が出てきたら疑った方がいいです。

初対面の相手と会う時はよく知らない店や場所には行かないことで対処できます。

パパ活、ママ活、姉活

また、パパ活やママ活、姉活をする人も最近は増えています。

パパ活の場合はプロフィールにパパ活であることを書いていることが多いです。

・夢を応援してくれる人探してます
・相談にのってくれる年上男性希望してます
・体の関係なしで楽しいことしたいです

といったフレーズには要注意です。

ママ活や姉活の場合はプロフィールに、「夢を追いかけています」「勉強を頑張っています」といった感じなフレーズを書いているのが特徴です。

ちなみに、直接お金をもらおうとするのが「ママ活」、ブランド品など買ってもらおうとするのが「姉活」です。

下の年代の女性や男性が、同年代と付き合えそうなのに年上すぎる相手とマッチングする場合、金銭目的の可能性が高いのでマッチングしても疑った方がいいですね。

 

美人局(つつもたせ)詐欺

美人局(つつもたせ)とは、人気の無いところに呼び出したり、ラブホテルなどに行ったあとに仲間が現れて慰謝料を請求してくる詐欺のことです。

会う場所を指定してくるのが特徴ですので、人気の無いところは避け、相手の素振りが不自然だったりする場合は用心した方がいいです。

こちらを加害者に仕立て上げてくるので騙されると通報しづらくなります。

嘘の年収やプロフィール詐称のトラブル

スマホでなやむjk

プロフィールの年収や職業、学歴などは自由に作成できるので、プロフィールに嘘の内容を書く人もいます。

仲良くなったらどんな仕事をしているのか具体的に聞いたり、会った時に名刺をもらえば見抜けます。

ただ、今は年齢と職業、役職が分かればネットで調べるとだいたいの年収が分かるので、嘘をついているかどうか調べることができるからです。

また、マリッシュなどの年収証明書(収入証明書)の機能があるアプリを利用する方法もあります。

高収入男性というのは他の男性と差別化するために、あえて年収証明書を出す傾向があるので、年収に嘘がないかを見分けることができます。

また、男性は本気の女性に対しては自分のことを知ってもらおうとするので、自分の仕事についてもくわしく話をしてきますが、遊び目的の女性に対しては仕事についてアバウトにしか話しません。

ですから、自分の仕事についてちゃんと話してくれるかどうかで真剣度も見分けることができます。

写真詐欺(詐欺写メ)

マッチングアプリでは写真写りが良いほどマッチング率が上がりますので、写真加工アプリで、写真詐欺(詐欺写メ)をする人もいます。

写真詐欺の特徴は、

横顔、後ろ姿、胸元など体のいち部分のみの写真
口元や目など顔の一部を隠している
画質の悪い写真やプリクラの写真を使っている
光が飛びすぎ、暗すぎの写真を使っている
数年前や幼少期の写真を使っている
遠目の写真やぼかし、フィルター加工の写真を入れている
化粧が濃い

などがあり、怪しいなと感じたらLINE交換した後にビデオ通話をすれば会う前に確認できます。

ルックスにこだわりがある人にはオススメな方法です。

ネカマ(ネナベ)・偽物なりすまし・釣り垢

ネカマ(ネナベ)というのは性別を偽ってユーザーをからかう愉快犯のことです。

またプロフィールに他人の写真やプロフィールを登録している人もいます。

そして、釣り垢というのは会う気がないのに待ち合わせ場所に呼び出したり、いたずら目的のアカウントです。有料サイトなどに登録させようとする業者も存在します。

マッチングアプリは登録自体は自由にできますが、やりとりをするには身分証明書による年齢確認が必要なので、基本的にネカマや釣りの被害に合うことはないです。

しかし、中にはまともでない危険な人もいるので、違和感をを感じたらブロックしてしまった方がいいです。

 

メンヘラ・地雷と呼ばれている男女

 

メンヘラというのは精神的に不安定な人のことで、やりとりをするとだんだんネガティブなメッセージを送ってきたるする場合があります。

会う約束をしてもドタキャンしたり、自傷行為に走ることもありますので、会わないほうがいいです。

また地雷と呼ばれる男女は5ch(以前でいう2ちゃんねる)などでいう「常識がない・普通ではない人」のことです。

主に会話がまともにできない男性や、「いいね」をたくさんもらって気が大きくなっている女性のことを言います。

マッチングしてもやりとりがまともに続くことはほぼないので、心当たりを感じたらすぐにブロックしてしまえば対処できます。

危険人物と出会ったときの対処法

部屋でスマホをいじる女性

安全に運営されているアプリでは危険人物は利用が禁止されています。

お相手がこの特徴に当てはまり、危険人物だとわかった場合は会ったりするのは避けて、通報とブロックをしてください。

相手のプロフィールを開いて、「通報」や「違反報告」を選んで、通報理由や詳細を記入します。

危険人物(要注意人物)に遭遇したら、自分で対処しようとはせずに、すぐ運営に通報してしまった方がいいです。

一般的な通報(違反報告)の理由としては、

マナー・モラル違反
利用目的の間違い
犯罪行為
不正誘導
個人情報の掲載
他人の画像掲載
誹謗中傷
著作権違反
その他

などがあり、メッセージのやりとりで不快な思いをした時も通報できることがあります。
なお、通報された相手は調査が入って危険人物と認定されれば、運営による判断で強制退会や注意警告となります。

 

 

要注意人物・危険人物を見抜く方法

安全対策がされているアプリでも、入会直後や取り締まりの前であれば要注意人物に遭遇してしまう可能性があります。

不快な思いをしたり時間をムダにしないためには、どういった人物を避けるべきかを自分で判断することが大切です。

ここからは注意すべき人物の種類と、段階ごとに見られる要注意人物を避ける方法を解説します。

プロフィールから見抜く

プロフィールから要注意人物を判断するには、写真・自己紹介文・プロフィール詳細の3つから判断していきます。

プロフィール写真

  • 顔がわからない写真(後ろ姿・一部を隠している・写真をのせていない)
  • 不自然なほどのイケメンや美女
  • 頻繁に写真が変えている
  • 海外旅行や高級なお店・貴金属・料理の写真を載せている

 

自己紹介文

  • 自己紹介文が短い、テキトーな感じ
  • お金・勧誘っぽい言葉が含まれている(自由・不労所得・幸福・感謝など)
  • 意識高い系や違和感を感じさせる雰囲気

プロフィールの内容

  • 高年収でハイスペック
  • 経営者や医者など社会的地位の高い職業
  • 『自由業』を選択している
  • 選択項目を埋めていない・テキトーな感じ

アプリの中には出会いや婚活目的以外でのアプリ利用を防ぐために年収や経歴などの証明書を提出して証明する機能を用意して、アプリ利用者が安心できる取り組みを行っているアプリがあります。

そのため相手が高収入だからと言って疑う必要はなくなりますし、証明書を提出しているかは、相手の本気度のあらわれになります。

要注意とされる人物を避けるには『証明書を提出している』人だけに絞り込むのもおすすめです。

 

やりとりで判断する

メッセージなどをやりとりするときには話や文章の内容や振る舞いから、相手に不審な点がないかチェックしておきましょう。

 

話や文章の内容

  • 自分のことや情報を話そうとしない
  • すぐにLINEを交換しようとする
  • 容姿をやたら褒めてくる
  • 会う前から好意があることを伝えてくる
  • 下ネタが多い
  • 住んでいる場所を早い段階から聞いてくる
  • 投資などのお金に関する話題を出してくる
  • お金を持っているアピールをしてくる

振る舞い

  • 顔写真を送ろうとしない
  • マッチングしてからの進展がやたらと早い
  • タメ口など距離感が近い
  • すぐに会おうと誘ってくる
  • 複数人のパーティーや集いに誘ってくる
  • 夜間や個室、飲みを要望する
  • しつこくお店や会う場所の希望を提案してくる
 

要注意人物のやりとりの特徴は、相手が自分本位な点があげられます。

また、よく知らないうちから人目の少ない場所で会ったりするのはおすすめできません。

あなたから質問したり要望を伝えたりして、違和感を感じることがないか判断したり、相手が思いやりのある人物なのかを探ってみてください。

 

 

デートのときに見抜く

デートのときに、違和感のある態度で接してくる人には要注意です。

騙そうとしたり、なんらかのグレーやブラックな目的のために心を開かせようと、あなたが喜びそうな発言をしてくることもあります。

  • 下ネタやボディタッチが多い
  • 執拗に褒めてくる
  • 電話のときに長時間席を外す
  • 家まで送ろうとする・家に呼ぼうとする
  • 土日や休日の昼間に会うのを避けてくる

 

要注意人物・危険人物を見抜いた時は

既婚者やよからぬ目的をもって接近してくる人の中には、こちらが「あれ?」と違和感を感じるような不審な行動を取ることがあります。

要注意人物や危険とされる人物は、振り返ってみるとおかしな点があるものです。

ここまで紹介してきたように、しぐさや振る舞い、態度を観察して、相手に怪しいところがあれば、すぐにやりとりを中断して席を立つ方が安全です。

できる限り早く距離を取って、通報とブロックをしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました