マッチングアプリのプロフィールの書き方・設定方法を解説【モテるプロフィール】

出会い

内容マッチングアプリに登録したのに全然マッチしない、、あしあとは付くのにいいねが来ない・・

プロフィールをうまく書けないと、こういうことになることも多いです。

マッチングアプリではプロフィールをうまく書くのが大事で、その中でも写真が重要になってきます。

写真となると「イケメンじゃないと無理なのかな?」と諦めてしまっている男性も多いかもしれませんが、写真は撮り方でかなり変わってきます。

ここでは女性にウケるプロフィールの作り方について説明していきます。

プロフィールで最も重要なのは写真

ゆるいお団子の女性の後ろ姿

モテるプロフィールを作るためには、「良い写真を撮る!」ことにつきます。

残念ながら現実でもアプリでもまずは顔で判断されます。

写真さえ良ければ他は適当でも出会えてしまうのが現実です。

やはり見た目は大事になってきます。

ここで「無し!」と判断されたらそこまでなので、いかにここで落とされないようにするかが大事です。

写真は撮り方でかなり出来栄えが変わってきます。

ですので、コツをおさえた写真を用意するのが大事になってきます。

これだけに全力を注いでみてください。

メイン写真は横顔で撮る

メイン写真は横顔で撮る
顔に自信があるのであれば正面からの写真でもいいのですが、自分の顔に自信がない場合は横顔での撮影がいいです。

アップだと顔の作りの勝負になるため、胸から上の写真が有利です。

サブの写真には、笑顔で楽しそうな写真を用意してください。

趣味の写真を載せておくと同じ趣味の人が食いつきやすいです。

旅行が趣味であれば旅行の写真、テニスをやっているならテニスの写真などを用意します。

プロフィール文の書き方

プロフィール文には、ウケようと面白いことを書こうとする人がいますがマッチングアプリでは面白いことは求められてないです。

初めて異性の人と会った時どんな質問をされますか?

趣味、仕事、休日、いままでの恋人歴・・

この辺が必ず話に出てきます。

女性が知りたいことを書くのが一番ですので、相手につたえたいことをしっかりと書いてください。

プロフィール文は簡潔にしたほうが印象良いです。

あまり長い文章を書いても読むのがたいへんですし、読み飛ばされてしまう場合が多いです。

プロフィールに求められていることは、「良い人そうだな」と思ってもらうことです。

その為に大事なのはマイナス要素をわざわざ作らないことです。

具体的に例をあげてみます。

プロフィール文の一例

いい人と同じ時間を過ごしたい、そう思ってこれを始めました。

趣味は綺麗な景色を見ることで、休暇にはよく旅行に出かけています。

仕事は〇〇で、休みの日は趣味の食べ歩きやジョギングをして過ごすことが多いです。

恋人は○年いません。早く探さないと!と周りによく言われます。

よろしくお願いします。

こんな感じでもOKです。

もちろん長文でしっかり自分をアピールするのもいいのですが、長過ぎる文章はボロが出る可能性も高くなります。

逆に、少なすぎたり、書いていないなどは絶対にNGです。

「この人って、どんな人か分からない」と女性が不安に思いますから、まずマッチしないです。

長過ぎず、短過ぎず、で200から250文字くらいが丁度いいかなというのが結論です。

プロフィール詳細の書き方

ここはマイナスにならないようにだけ気をつけます。

最低限なことだけで大丈夫です。

国籍や、話せる言語、出会うまでの希望、初回デート費用、社交性・・

ここらへんは特に必要がなければ書かなくてOKです。

簡潔にしたほうが印象が良いです。

まとめ

プロフィールは他の人とかぶりやすいのですが、「無難に書く」のが好まれます。

かぶらないようにと奇抜なプロフィールを書く人がいますが、悪い印象を与えてしまう確率が高い割に、プラスになることはほとんどないです。

気合をいれるのであれば、いい写真を用意するのを頑張ってください。

「この写真いいな~気になるな~」ってことから、相手をチェックするからです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました