無料・無課金でも出会えるマッチングアプリ【2021年最新版】

無料と書かれた黒板 出会い

マッチングアプリを時に最初に気になるのが料金だと思います。

無料で出会えるのなら、それにこしたことはないですよね。

実際に試してみるのに、無料で試せるのなら「ちょっとやってみようか」という気にもなるというものです。

しかし、ほとんどは女性が無料で、男性のみが有料です。

そこで今回は、「課金なしでも利用できるマッチングアプリ」を紹介します。

基本的には、無料だと制限があったりしますので使いにくいことが多いのですが、無料でどこまで利用できるのかをご紹介します。

無料・無課金でも出会えるマッチングアプリ

無料で出会えるマッチングアプリをご紹介します。

アプリによって特徴も異なるので、使いやすいアプリを選んでみてください。

参考までに、20代でプロフ写真に自信があるなら、Tinder、タップル、Tantanあたりがオススメになります。

サービス名有料の月額目的メインの年齢層
Tinder1,913円から恋活・友達20代(前半)
Tantan1,900円から恋活20代
タップル3,700円から恋活・友達20代(前半)
Poiboy3,400円から恋活20代~
Omiair3,980円から恋活・友達、婚活20代~30代
dine6,500円から恋活・友達20代~30代
東カレデート6,500円から婚活20代~30代
youbride3,980円から婚活30代~が多い
マッチドットコム4,490円から婚活30代~40代

 

次に、各サービスの説明をみていきます。

Tinder

Tinderは、マッチングからメッセージまでの基本的な機能が無料で利用可能です。

出会いの目的としては恋活~友達探しですので、真面目な婚活は難しいでしょう。

海外の方も多く利用しているので、海外の人と出会うことも可能。

以前は年齢認証がありませんでしたが、現在は年齢認証も実施されているのでセキュリティ対策も問題ありません。

10代後半から20代前半が多い印象です。

Tantan

Tantanは、一言で言えば「中国版のTinder」で、アジア系の会員が多いです。

TantanはTinderと同じく、だいたいの機能が無料で使えますが、相手が人気のある会員である場合は課金しないと返事が出来ないなど一部の機能が有料です。

タップル

タップルは、Amebaブログなどでおなじみの「サイバーエージェント」が運営するマッチングアプリです。

会員登録数は500万人以上、累計マッチング数は国内最多の2億組となり、友人づくり・恋活から婚活まで幅広く利用できます。

タップルを無料で使うには、関連サービスへの登録が必要で、手順を踏むことでメッセージ機能も無料で使えます。

しかし、基本的に有料なので、無料で使える期間に制限があったりします。

Poiboy

Poiboyは「youbride」を運営する株式会社Diverseの恋活マッチングアプリです。

女性が男性を選んでマッチングするアプリで、つまりは女性からしかアプローチできないようになっています。

男性は「スコア」という機能で自分がどれだけモテているのかわかるのですが、スコアが上昇すると無料で有料会員機能を使えるようになります。

とはいえ、実無料会員の状態でスコアが4.5以上になるのは非常に難しいので無料で利用するのは難しいのが現状です。

見た目やプロフィールに自信がない場合、別のマッチングアプリを使うべきでしょうね・・。

Omiai

Omiaiは、婚活がメインのマッチングアプリです。

累計会員数400万人以上、累計マッチング数3,000万組以上と、人気のアプリです。

気軽な友達作りや恋活よりも、真剣にお相手を探す人にむいたアプリです。

Omiaiは年齢確認やプロフィール写真掲載などをすることで有料プランの一部が無料で利用できたり、
ミッションをクリアすることで、メッセージが利用できるようになります。

ですが、条件を適用するには提携サービスに登録する必要があるので、有料サービスに課金するかOmiaiに課金するかの違いとなります。

東カレデート

東カレデートは、男性・女性共にハイスぺックな人が出会いを求めるマッチングアプリです。

男性は年収証明書を提出することで自分の会員ステータスをあげることができ、女性はルックス、マナー共にレベルの高い女性が多いという評判です。

東カレデートは、招待コードを利用して登録することで1週間無料で利用できます。

有料会員はゴールドメンバーと表記され、「プロフィール」の欄が金色に強調表示されます。

通常の無料プランではメッセージすらできません。

youbride

youbrideは株式会社Diverseが運営する婚活マッチングアプリです。

累計会員数170万人を超える人気マッチングアプリで、婚活メインのため年齢層は30代から40代以上の会員が多いです。

結婚を目的としている男性や女性が多いのが特徴で、年齢認証や本人証明はもちろん、収入証明書、独身証明書の提出など、セキュリティも十二分に配慮されています。

youbrideを無料で使う条件は、相手が有料会員の場合にのみ無料でやり取りを行えます。

男性・女性のどちらかが有料会員なら、やり取りしている相手は無料で利用できますが、女性は無料会員が多いので男性が無料で利用する場合には制限を受けやすいです。。

また、全ての機能が使えるわけではありません。

条件が適用された時でも、有料会員の相手とメッセージ可能になるだけです。

マッチドットコム

マッチドットコムはアメリカ発の婚活アプリです。

年収が高い男性が多く、シングル、バツイチが出会いやすいアプリです。

年齢層は高めで会員数も多いとは言えないのですが、意外な狙い目の会員と出会えたり、他にはない独自の機能が搭載されているマッチングアプリです。

マッチドットコムは、無料会員だとかなり機能が制限されてしまい、メッセージのやり取りは有料会員のみの機能です。

無料会員は真剣度が低いので、基本的には「まともにマッチング」するのを期待する場合は有料会員になって有料会員だけを検索してお相手を探すことになります。。

マッチングアプリと出会い系サイトの違い

マッチングアプリと似ているものに出会い系サイトや出会い系アプリがあります。

よくきくサービスだとPCMAXやハッピーメールなどがこれに当たります。

出会い系サイトとマッチングアプリの違いですが、

マッチングアプリは恋活・婚活が目的となりますが、いわゆる出会い系サイトは一夜の恋系の出会いを求めるのが目的になります。

マッチングアプリは月額制がほとんどですが、出会い系サイトは従量または利用の都度に課金となることが多く、一般的に料金体系が違ってきます。

一般的な出会い系サイト

  • PCMAX
  • ハッピーメール
  • ワクワクメール

しかも、それだけではないので注意が必要です。

その理由は次のようになります。

  • 利用者に高額課金をさせるための「サクラ」が存在する
  • 素性を隠して、マルチや風俗の営業、仮想通貨の取引所に登録させてマージンを受け取る、などが目的の「業者」がいる
  • 未成年の利用者が存在する可能性がある

こういったものを見分ける知識なしで利用するのは危険ですので、避けたほうが無難です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました