ペアーズの退会方法は簡単だけど落とし穴あり【自動更新を停止しないと損します】

恋活、婚活

Pairs(ペアーズ)の退会方法は簡単です。

ただし、アプリをアンインストールしただけでは退会にはなりません。

アプリを開いて設定から退会手続きを選んですすめて行くだけで簡単に退会することができます。

ですが、有料会員の方は自動更新の解除を忘れてしまうと、退会したはずなのにお金がかかりつづけてしまうので注意が必要です。

この記事では、ペアーズを退会するときの設定方法といくつかの注意が必要な点について解説していきます!

有料会員は自動更新を解除してから退会しないと料金がかかり続けます

退会する理由はいくつもあると思いますが、月額料金の支払いを解除しないままアプリを消してしまって後日に請求に気づく人が多く出てしまっています。

ですので、退会する前には必ず料金の支払い(サブスク)を停止してください。

 

クレジットカード決済の解除方法

自分でいつでも解約できます。しかし、解約した時点から有料会員の機能は使えなくなります。

アプリ版の場合

  • アプリ内のその他の画面から「会員ステータス」を選択
  • 「有料会員の解約」を選択
  • 画面の案内に従って退会手続きを進める

web版の場合

  • 画面左のメニューから「その他」を選択
  • 「会員ステータス」を選択
  • 画面下部「有料会員の解約」を選択
  • 画面の案内に従って退会手続きを進める

Apple IDで決済している場合

  • スマホの基本メニューを開いて「設定」を選択
  • Apple IDをクリック
  • サブスクリプションを選択
  • ペアーズを選択
  • サブスクリプションをキャンセル

「サブスクリプションをキャンセルする」をクリックすればApple IDに紐づけられている定期購入を解除することができます。
解除しても支払い済みの期限までは利用することができます。

Google Play決済の場合

  • Google Play Storeを開いて「マイアプリ&ゲーム」を選択
  • 自動更新の解除をしたいペアーズを選択して「定期購入を解約」を選択

これでGoogle Play Storeに紐づけられている定期購入の解除は完了になります。

解約が終わった方は[こちら](退会方法)の手順で退会を進めます。

サブスクを停止してもペアーズ自体の会員登録は残っています

 

ペアーズの運営に問い合わせれば支払済みの期間の終了をまたずに退会できますが、もしまた利用したくなった場合に使えないということになってしまいます。

支払済みの期間が残っている場合、サブスクの解除だけ行って会員登録はそのままにしておくと万が一の時にも安心できます。

その時にはプロフィールに、一時的に活動停止中ですと書いておけばOKです。

繰り返しますが、有料会員の場合の月額料金の支払い(サブスクリプション)は忘れずに解除しておいてください。

ペアーズ(Pairs)会員の退会は簡単にできます

ペアーズ退会手続き01

ペアーズ退会手続きの流れ その1

 

有料会員の場合のサブスクの解除がすんでいれば、退会手続き自体は簡単にできます。

  • アカウントにログインする
  • 「お問い合わせフォーム」を選択
  • 「お問い合わせ内容」で退会を選択
  • 「退会手続きの画面へ移動」で「はい」を選ぶ
  • 退会理由を選ぶ
  • アンケートを入力(無記入でもOK)
  • 「退会する」を選ぶ
ペアーズ退会手続き02

ペアーズ退会手続きの流れ その2

以上で退会手続きは完了になります。

ペアーズ(Pairs)の退会をする時にチェックしたいこと

  • アプリをアンインストールするのでは退会にはなりません
  • 自動更新の解約を忘れずにすませる
  • 日割りなど含め返金はできません
  • プロフィールやトークの履歴などデータは全部消えます
  • 再登録は1ヶ月間できません

以上になります。

ペアーズは休会の機能はないので、必要がなくなった場合は退会することになります。

もし、退会して一ヶ月以内にまた登録したくなった場合は、Gmailなどで新しくアドレスを作って再登録する方法があります。

ですが、プロフィールなどはまた入力する必要が出てきてしまいますので、

もう必要ないなと思えるまではそのままにしておいた方が、もし後日に必要になってもすぐ活動再開できます。

その場合、プロフィールを削除しておくか、プロフィールの最初の部分に「現在、活動を中止しています」と書いておいてログインしなければ、他の人にかかる影響は最低限におさえることができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました