タップル(tapple)の要注意人物や危険人物って?【判別方法とおすすめ対処法】

恋活、婚活

タップル(tapple)は趣味で繋がる恋活サービスをコンセプトにしたマッチングアプリして有名です。

実際に使った感じとしては気軽で会いやすい、友達募集などの気軽な目的でアプリを利用している人が多いのかなという印象を受けます

数あるマッチングアプリの中でも出会いやすさは1、2位を争う恋活アプリです。

でもサイトを使っていると危険な人物に遭遇してしまうこともあるのではないかという不安もありますよね。

そこで、この記事ではタップル(tapple)が行っている安全対策と、タップル(tapple)で潜んでいる可能性がある危険人物の特徴と対処法を解説します。

タップル(tapple)で危険な人物と接する可能性は低い

タップル(tapple)は最近のマッチングアプリですし、昔の対策があまりされていなかった頃のアプリと違い、安全に出会えることが当たり前になっています。

タップル(tapple)では次のような安全対策を行っていて、危険なユーザーを排除する仕組みがされています。

  • 運営会社による24時間365日の監視体制
  • 年齢確認があって、確認できるまでメッセージのやりとりができない
  • 運営会社はサイバーエージェントの子会社で有名な東証一部上場企業という信頼性

ただし、運営の監視の目をかいくぐった危険人物がいる可能性もゼロではありませんから、油断だけはしないようにする必要があります。

入会した直後の段階では、どんなに安全なアプリあっても危険人物を判断することは難しいからです

さまざまな対策が取られていますが、気を緩めすぎないで「相手はどんな人なのか、信頼できる人か」を判断するようにしてください。

 

運営会社による24時間365日の監視体制

タップル(tapple)では、運営による24時間365日のサポート・監視体制が整っています。

システムと人の目で不審なメッセージのやりとりがないかをチェックしていて、不審なユーザーがいないかパトロールしたり、ユーザーによる通報に対応しています。

また、万が一トラブルに巻き込まれてしまった場合は問い合わせセンターに対応を依頼することも可能です。

 

年齢確認があって、確認できるまでメッセージのやりとりができない

タップル(tapple)を利用するには年齢確認が必須です。

年齢確認を必須とすることで、18歳未満のユーザーや年齢詐称を防止しています。

 

現実問題として危険人物がいないとは言い切れない

すでに紹介したように、タップル(tapple)には危険人物がアプリを利用しないような仕組みが整っていますが、それでも監視をかいくぐっている人がいる可能性はゼロではありません。

悪意を持って普通のユーザーを装って接してくる悪質なユーザーもいます。

どのマッチングアプリでも共通して言えることですが、相手が信頼できる人物だと確信がもてるまでは警戒して油断しない意識を持ちましょう。

危険人物の例と、その対処方法については以下の記事を参考にしてみてください。

マッチングアプリ・婚活アプリの危険な人物【特徴・対処方法】
マッチングアプリや恋活婚活サイトを利用していると「この人、なんか怪しくない?」と思う人に出会うこともあるかもしれません。安心して恋活・婚活を行うためにも、要注意人物は事前に把握しておきたいところです。この記事ではマッチングアプリ...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました